ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

某ハウスメーカーで建てたFumiちゃんのお話。

Fumiちゃんの基本データ
インタビューする人Mami(以下M)インタビューされる人Fumi(以下F)

Fumiちゃんは高校の同級生ですが、美大時代に出会った旦那さんと京都に素敵なお家を構えたと聞いて、ずっと訪ねてみたかった。完成直後に業者さんが倒産という前代未聞のハプニングの詳細についても興味津々!

建売は最初から考えなかった。注文住宅か、古民家のリノベーション

家を建てたの、早かったな〜!っていう印象があるんだけど、何歳の時だった?

27歳の時。でも、夫は4つ上だから、31とか32歳かな。ちょうどその時、会社の先輩達がこぞって建てていて。その時住んでいた賃貸の更新をどうしようと考えていたのもあって、自然に家を建てる流れになったんだよね。私というより夫がね。賃貸って、お金捨てちゃってるって気もしてた。一長一短だろうけど。

なんで注文住宅にしたの?

建売は最初から考えなかった。夫も私も実家が戸建だから、マンションも考えなかった。住宅展示場はたくさん回ったよ。でも、どのモデルハウスも全くピンとこなかった。注文住宅か、古民家をリノベーションのどっちかだねっていうのは、夫も私もそうだった。

モデルハウスのどんなとこが気に入らなかったの?

まず、モデルハウスはデカすぎ! 豪華すぎ! 自分たちに置き換えたら、どれもこれも無理! って。素敵な家だけど、広いからいいんだよね。ってそんな印象しか受けなかった。

なんでリノベーションはやめたの?

いい古民家が見つけられなくて。それにうちは勤め先が京都だから京都に住んでるけど、もともと京都人じゃないやん。だから、雰囲気の良い古民家がある地域でうまくやっていけるかなっていう不安もあったし。そうこうしているうちに今の土地が見つかって、気に入ったので。

Mami × Fumi

融通きいてくれそうな気がした。それが決め手かな。

業者さん決定の決め手はなんだったの?

ちょっとワケありで社名はふせさせてもらうけど、ハウスメーカーで建てたよ。

Fumiちゃんはデザイン工務店か建築設計事務所かと思ってたから意外〜。

「ここで建てたい!」っていう特定の業者さんがあったわけじゃなかったので、住宅展示場で見た中からハウスメーカー2社、地元の工務店2社で少し詳しく話を聞いたよ。Mamiの言っている建築設計事務所や住宅プロデュース会社は、見つけられなかったから行ってないな。

その4社からどうやって絞ったの?

まず、その時住んでいた賃貸住宅の更新まで一年ちょっとだったのと、業者さんの営業トークで知ったローン控除の関係で、この時期までに建てたいという希望があった。工務店さんは1社はまず工期が無理っていわれた。もう1社は価格面で折り合わなかった。ハウスメーカーはまず大手の◯ハウスいったの。でも営業さんと合わなくて、1回担当を替えてもらったけど、それでもなんか合わなくてね。それでその次に行ったハウスメーカーの営業さんが、なんか気に入ったの。この人ならなんとかしてくれそうって思えた。

なんとかしてくれるっていうのは…?

土地探し・ローン手続き・保険関係のサポートはしてほしかった。問題だったのが、自社製品を売りたいっていう、いわゆる規格とかパッケージがハウスメーカーにはよくあるんだけど、それを全部変えても大丈夫そうな業者さんだったってことかな。融通がききそうな感じ。建てたい家のイメージは、私たちははっきりしていたから。

ハウスメーカーで規格やパッケージを外すと、高くなるってよくきくんだけど!

それがそうでもないよ。お風呂とか、安くなったもん。結局キッチンとトイレ以外は全部自分たちで気に入ったものを入れてもらった。それでも高くなっちゃったっていう印象は全くない。ハウスメーカーで規格外をやると高くなるって、そういう場合も多いみたいだけど、そうでない場合もあるよ。

自分たちのイメージをたくさん集めて貼りつけたイメージブックや間取りのスケッチ。さらには打ち合わせ内容をメモしたノートなど…。これでも一部なんだとか!! イメージブックは早速私もやってみようと思いました!

全部自分たちでやりたかった。

でも全部自分たちでやるって、「全部やる」って、どういうこと?

もう、「全部」やで(笑)。うちらはフローリングの材木業者も照明の業者も外構工事の業者も、全部自分たちで調べて、あ、カーテンとかもね。そこにハウスメーカーの営業さんも連れだして一緒に打合せして決めていった。完全に自分たち主体で動いた。それにハウスメーカーの営業さんはひたすらついてきてくれる感じ。

営業さんを自ら連れ出し?! なんか、ハウスメーカーっぽくない(笑)。 なんでハウスメーカーだったの?

なんでだろうね〜。工期に間に合うっていうのと、相性。あとは、京都は景観法とかが厳しくてややこしい。ここも風致地区(※)2種なの。屋根は三角じゃないといけないし、瓦じゃないといけないし、外壁の色も勝手にはできない。だから京都での実績も重視してた。そこもクリアしていた業者さんだったので決めたよ。もう走りだしちゃったら、業者さんなんてよっぽどのことがない限り変えないよ。でも、大変だったよ…。好きだけじゃやってられないって感じ。自分たちの好みをぱっとわかってくれる設計士さんに巡り会えてたら、どんなに楽だっただろうって何度思ったことか…。

※風致地区とは、「都市の風致を維持するために定める地区」であり、地方公共団体の条例によって、建築物の高さ、建ぺい率などが厳しく規制され、緑豊かでゆとりのある環境が維持されています。京都市では条例により、第1種地域から第5種地域までの種別に応じて数値基準が段階的に定められています。

壮絶…。

そう、一年間、全て家を建てることに捧げた。打ち合わせは基本週一。週末はほとんど全部つぶれた。あとは必要に応じて平日の夜8時からとか。向こうの提案通りで納得できたら、すんなりいくんだろうけど、うちらは床の色、素材、階段の手すりの形もカーテンレールもなにもかも、提案されたものはちょっとづつ気に入らなくて…。営業さんに不満はなかったけど、センスの面とか、向こうがデフォルトで提案できるものに満足がいかなかったから、本当に大変だった。

これらの3D図は、営業さんと話しながら夫が横で作ってくれました。これのお陰で打ち合わせは凄くスムーズに! 大手ハウスメーカーならこんなサービスもあるのかしら? でも私たちは自分でやりました。(Fumiちゃん談)

引渡し一ヶ月後に業者が倒産

出来上がって、どう?

本当に満足してるよ〜!
苦労した分愛着もあるし、仕上がりも価格も文句なしです。
ただね…、引渡し一ヶ月後に、ハウスメーカーが倒産しちゃって(笑)。社名を伏せてるのはその関係(笑)。

ええ! そうなの?

そうやねん。もちろん事前にちゃんと調べて、この会社は大丈夫だって判断したんだけど、引渡しの一ヶ月後やで!

それって、アフターケアとかが…

なんもなし。ゼロよゼロ。あ、一ヶ月点検はあってん。でもその後、すぐやからね。

それ、自分だったらすごいパニックになりそうなんだけど。

うちらは家が出来上がってたからまだマシ。もちろん建設途中の人たちもたくさんいたわけで。うちらあんまり関係ないけど京都裁判所まで行ったで。貴重な体験ができました(笑)。

アフターが無いって、どうなるんだろう。

幸いうちらは本当に全部が全部自分たちで決めたから、どれをとっても壊れたらどこに相談したらいいかわかってる。その点での不安はないよ。

でもそれはFumiちゃん達が本当の意味ですべてを自分たちで決めたからで、珍しいケースだよね?

だと思う。向こうの提案通りあんまり理解せずに適当にお任せしてたら、いざとゆうとき困るだろうし、不安だろうね。うちも、ちょっと屋根に不具合が出た時に、うーんどこに言おう。って思った。まぁ普通に何とかしたけどね。
でも、あんなに調べたのに倒産したから、やっぱり個人では調べきれないところはあるなって思った。

そうやったんやー。でも、本当に素敵なおうちに仕上がってるね。

ありがとう。今年で5年目になるかな。不具合もなく、しっかり建てられたなって思ってる。本当に満足してるよ。家は注文住宅がぜったい良いと思う。大変だけどね。

二階のフリースペース。建築の際の決まり事でベランダが狭くならざるをえなかった。なのでこのフリースペースは洗濯物を干したりと色々活用しています。建売だったら、ここは絶対に部屋が作られていると思う。そういう意味でもやっぱり注文住宅してよかったと思っています。

今回リサーチした業者一覧

あ
アーキッシュギャラリー
ASJ
アールプランナー
アイシーエー・アソシエィツ
advance architect
アバクス・アーキテクツ
板井建設
IDA HOMES(伊田工務店)
一条工務店
ヴィーコ
欧倫ホーム
か
KADeL
岸和田スタジオ(FREEDE)
近畿住宅流通
クレバリーホーム
godai DCM
さ
ZAUS
住空間設計Labo
秀光ビルド
住友不動産販売
住友林業
積水ハウス
た
タマホーム
ディーズスタイル
DEN PLUS EGG
ドリカムパートナー
は
ハナハウス
ビームスコンストラクション
ファニチャーハウス
福田哲也建築設計事務所
フリーダムアーキテクツデザイン
へーベルハウス
堀部直子建築設計事務所
ま
ミサワホーム
三井ホーム
や・ら・わ
ヤマヒサ
ライトスタッフデザインファクトリー
ワークキューブ
家づくり最新レポート マミの家づくりレポート最新情報はここでチェック!!